このページのトップへ
ホーム » 愛犬のためのガーデンルーム

愛犬のためのガーデンルーム 〜大型犬と快適に暮らすための工夫〜

ClipboardImage
左:ユメ(15歳) 右:ミル(4歳)
WS000007
ガーデンルーム設置後

現在、私の家にはゴールデンレトリバーのユメ(15歳)とミル(4歳)が暮らしています。2012年の夏、15歳の老犬ユメにとって少しでも快適に過ごせる環境を作りたいという思いから、庭の吐き出しに1.5間×8尺のガーデンルームを設置しました。約7屐2坪)程の小さなスペースですが、このガーデンルームのお陰で愛犬たちと家族との距離がグッと縮まりました!
お客様から大型犬特有の悩みなどをよくご相談いただく機会も多いので、我が家のガーデンルームの設置の施工例をご紹介させていただきます。少しでもワンちゃんとの暮らしが快適になれば幸いです。


ClipboardImage
抜け毛・汚れ・臭い・いびき
ゴールデンレトリバーは洋犬ということと、ユメは身体にできた腫瘍からも匂いがします。大型犬なのでいびきも結構大きいですし、どうしても玄関に入れると抜けた毛が家中に飛翔します。そして身体から出る油分もタイルの壁や土間を汚します。その汚れも又、悪臭になります。家族は慣れていますが、来客にはいかがなものでしょう。
又、玄関に入れるとどうしても運動不足になりますし、仲の良いミルとも接することができなくなります。


ClipboardImage
暑さ・寒さ
地球温暖化でうなるような暑さは、汗腺のない彼女たちにとって人間以上に厳しいのです。
現在は、110歳の老犬ユメを狭い玄関に入れて日中クーラーをつけての生活をしていますが、これが、匂い・抜け毛・いびき・汚れ・電気代・おまけに多少のボケが始まったのか、夜中に食事の催促が始まると、もうどうしたものか・・・?!また、この暑さをユメが乗り切れるかどうかも心配でした。
室内のクーラーをガーデンルームに・・・
ClipboardImage
施工後
ガーデンルームの中はユメとミルの寛ぎの空間になりました。
ClipboardImage
ガーデンルーム出入り口のビニールのカーテンとリビングとの境目の網戸


暑さに弱い犬(特に老犬)にとっては、夏はクーラーが必要です。我が家では、リビングとガーデンルームの境目に網戸を設置し、室内のクーラーの風を網戸を通してガーデンルームに送るようにしました。また、2階のテラスの手すりからシェードを垂らしてガーデンルーム全体に日陰を作っています。

冬は、日中の日射しでルーム内が暖まります。ガーデンルームの出入り口にビニールでカバーを設置することで、犬の出入りを邪魔することなく、室内の温度を保つ工夫をしました。

また、ガーデンルームの床の高さをリビングよりも少し低くすることで、毛が室内に入って来るのを防ぐことができます。また、建物の下に空いている換気口を塞がないような施工をしたことで床下の風通しを良くし、さらにガーデンルーム内の換気もできるようになりました。床は、腰の弱いゴールデンレトリバーにやさしい滑らかなタイルを使用しています。タイル張りなので汚れたらすぐに洗えます。庭にお湯が出る立水栓を設置し、ガーデンルームでも愛犬をトリミングできるようになりました。大型犬の場合は、散歩の後にお風呂場に連れて行き、足を洗うというのは難しいので、外から帰ってすぐに洗えるスペースとしてもガーデンルームが役立ちます。



愛犬が門をかじって壊してしまう、植木を踏みつけてダメにしてしまう。

我が家の愛犬たちは、庭を自由に行き来して過ごしていたので、門からガーデンルームへ向かうアプローチの植木はだいぶダメにされてしまいました。ぬれ縁も人が座れないほどドロドロになり、玄関との境の木製のフェンスはかじってボロボロにされてしまいました。


ClipboardImage
施工前
植栽スペースと通路との境目が曖昧だと、愛犬が植栽スペースを荒らしてしまう原因に。

愛犬の通り道と植栽スペースを分ける


我が家のアプローチは日陰なので、日陰に強い植物を中心に、ユメとミルが万一口にしても安全な植栽を植えています。植物の中には犬が口にすると中毒を起こすものもあるので、お庭に植物を植える際は注意が必要です。また、床は土とコンクリートを混ぜてたたきにすることで、愛犬が滑らず、汚れずにガーデンルームに入れるようになりました。
愛犬に入って欲しくない部分は、砂利などを敷いておくと、ワンコは自然と石畳の歩きやすい道を通り、植栽スペースが荒らされることもなくなりました。また、木製のフェンスはアルミ製のメッシュフェンスを切って作った手作りの扉と交換しました。

狭小地なので、アプローチの周りはできる限り緑を残して、自然な木陰や緑から出るマイナスイオンを取り込める庭にしています。また、ガーデンルーム付近から小川と池を作り、流れを作ることで水・風・緑がより居心地の良い空間を演出してくれています。さらに、ガーデンルームを設置した時にできたデッドスペースには、坪庭を造り、そちらは人が楽しめる庭として活用しています。

ClipboardImage
WS000007
人も愛犬も通りやすいアプローチになりました。
WS000008
川の流れと橋を作り自然を感じる景観に・・・

WS000009
ホーム » 愛犬のためのガーデンルーム
 
COPYRIGHTc 2007-2013 SUZAKIKENZAI co.,Ltd. All Rights Reserved.